2009年04月30日

ピコたろう、完全燃焼。

2009年4月24日。

ピコたろうが、天国へ旅立ちました。

前回の4月13日のブログの時は、まだまだ元気いっぱいで、腫瘍はどんどん広がっていたけど、きっと5月5日のハムめくりピコたろう週間まで問題なく生きてくれるだろう・・・と思い込んでいたけど、小さなピコたろうにとってのイチニチは、きっとあたし達人間にとっての何週間にもあたるのですね・・・。

2週間前から、どんどん右半身全体に腫瘍がひろがっていくようになり、1週間前には右目が白内障になり、その次の日には腫瘍におされて目玉が飛び出たようになり、そのまた次の日にはもう目もつぶれてしまい、ガリガリの体になってしまっていました・・・。

それでも、毎日元気に粉餌を食べて、水も飲んで、回し車まで乗ってました。

旅立つ当日の朝も、元気に回し車で走っていたので、あたしは何の心配もしていませんでした・・・。

でも、12時過ぎに、家にご飯を食べに帰ったご主人様からメールがきて「ピコたろうが冷たくなって、もうあまり動かんようになった・・・」と。

あたしは仕事中で、仕事中にはケイタイを見ることはないのだけど、何故か嫌な予感が走り、ついそのメールを見てしまいました・・・。

13時から昼休みだったので、家も近いし帰ってピコたろうを看てこようか・・・と思ったけど、なんだか帰ってしまったら、もう職場には戻ってこれない気がして。

そして、偶然職場で「犬の十戒」を読む機会があり、仕事中に泣きそうになってしまい、もう、気が気ではありませんでした。

何とか定時まで仕事して、仕事が終わったら早々と帰宅しました。

でも、その時には、もう、ピコたろうは冷たくなっていて、すでに硬直が始まっていました・・・。

覚悟はしていたものの、当日朝の元気な姿を見ているだけに、なんだか信じられない・・・という気持ちでいっぱいで、涙も出てきませんでした・・・。

30分間位ずーっとピコたろうを抱っこしてなでなでしました。
その間に色んなことを思い出し、逆に涙が止まらなくなってしまって・・・。

白内障になった日、目が飛び出そうになってしまった日、どんどん辛そうな痛々しい姿に変わっていくピコたろう。
でも、何故か元気いっぱいのピコたろう。

そんな姿を思い出して、悲しくて辛くてどうしようもなくなってしまいました。

贔屓してはいけないけど、先代の「ピ」は、あたしにとって自分の娘のようで一番可愛かったのは変わりません。

でも、ピコたろうは、それとはまた違うのだけど、何だか特別な存在でした。

病気で辛かった時に一緒にいてくれたピコたろう。
優等生のハムスターで、空気のような存在で、いつもそこにいてくれるのが当たり前だったピコたろう。

なんだか、勝手に、これからもずーっと一緒に生きていく気がしていました。

旅立った次の次の日、植木鉢にピコたろうを埋葬して、日日草の種をまきました。

植木鉢の中に埋葬する時は、何だか現実ではないみたいで、不思議な感じでした。

今でも、まだ、現実を受け止められていない気がします。

無意識に、できるだけピコたろうのことを思い出さないようにしていました。

だから・・・。

ピコたろうが旅立ったことをお知らせするのに一週間もかかってしまいました。

アップする写真も沢山ありすぎて、見ると勿論色んなことを思い出してしまうし、整理するのも大変だし・・・。

ここで、お知らせすることで、少しは自分の気持ちに整理もつくかもしれません。

少し多くなってしまいますが、旅立つ2週間前くらいから最後の日までの画像と動画をupしていきます。

まずは、珍しく、くさたろうとツーショットのピコたろう。

pico0904071.jpg


これは3月16日なので、随分前です。
なんだか気に入っている写真です。

そして、最後の仕事をしているピコたろうの動画です。
4月7日。
その日以降は、口の中にも腫瘍ができ、齧ることもできなくなってしまったので、餌も粉餌に変えました。



次は、4月15日のピコたろう。
右頬が膨らんでいるのは、お弁当が入っているわけではなくて腫瘍でぷっくりなのです。

pico0904151.jpg


こちらは動画です。



4月17日、あたしの手の中でまったりのピコたろう。

pico0904172.jpg


4月19日。
もう、毛づくろいもできなくなっていたので、ぼさぼさです。
でも、元気はたっぷりで、あたしの手についているスタミノールを懸命に舐めてします。



続いて4月22日。
まずは、元気いっぱいの動画です。
もう、この日には右目がつぶれてしまっています・・・。



そして、走ってます!



こちらは同じく4月22日のピコたろう。
亡くなる2日前だけど、まだまだ元気です。

pico0904221.jpg


pico0904221.jpg


pico0904222.jpg


亡くなる前日の23日。
元気に走っているピコたろうの動画です。
目が痛々しいです。。。



あたしの手の中でまったりしているピコたろうです。

pico0904223.jpg


そして、走っているピコたろう。。。

pico0904224.jpg


前日は、あんなに元気だったので、旅立つ当日の朝の回し車で走っている姿を撮影しませんでした。
それを、すごく後悔しています・・・。
朝は元気だったのに、24日のピコたろうは、もう見るのも辛い状態なものばかりになってしまいました・・・。

昼にご主人様が撮影した、やっと動いていたピコたろうです。

pico0904241.jpg


なんとかエサを食べに行こうとしているようです・・・。

pico0904242.jpg


こちらは動画。
ご主人様の手の中で、もう力尽きそうなピコたろう・・・。
かなり痛々しい姿なので、ご容赦ください。。。



餌に向かっていこうとしている様子のピコたろう。



そして、これが最後のピコたろうの動いている姿です。。。



あたしが帰った時には、この場所で倒れていたので、もしかしたら、ご主人様に抱っこされて安心して、そのあとすぐに旅立っていったのかもしれません・・・。

トイレも砂浴びもきちんとできて、暴飲暴食もせず、規則正しい生活をし、大人になってからは絶対に人の手は噛まず、齧り木だけを齧り倒す、正統派で模範ハムスターでした・・・。

ピコたろうと一緒に過ごせた2年半が、あたしには何故か誇りに思えます。
あと2週間で2歳9ヵ月の誕生日だったけど、ピコたろうは、もう、充分たくさん生きてきました。

本当に完全燃焼でした。

ピコたろう、ありがとう。
これからも、ずっと側にいてね。

さようなら。

pico0904243.jpg




4つのバナーを毎日ポチっと押してくれると嬉しいです♪
ハムスター人気ブログランキングへ。 Blog people ハムスター部門へ。にほんブログ村 ハムスターブログ ジャンガリアンハムスターへブログひろばへ




ニックネーム dede at 23:42| Comment(8) | TrackBack(0) | ピーコのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
腫瘍と戦いながら、毎日元気に
すごしていたんだね。
小さな体でなんという生命力でしょう!

今はお空でゆっくりのびのび
しているのかな?

心よりご冥福をお祈りいたします。
Posted by ごん at 2009年05月01日 00:58
ピコたろう君・・・正に完全燃焼でしたね。
とてもとても痛々しい姿ですが、健気に頑張っている小さな命に
心を打たれました。
痛い痛いから開放されて、お空でゆったりと過ごしていることでしょう。

ピーコたんのご冥福を心よりお祈り致します。
Posted by 太郎と花子のcc at 2009年05月01日 04:06
dedeさま、腹肉さま

本当に大往生です。

最後まで心配かけまいとするピコたんの
優しさを感じます。
目がだめになってきても、
それでも動き回ってましたね。
無理しないでと思っても、
一生懸命の姿を見せるピコたんの姿、
お先にお星様になってしまったコタを
思い出してしまいました。

みんな上で見守っていたのでしょうね。
本当に安らかに眠ってくれてよかった。
そして沢山の思い出を残してくれてありがとう。
私の机の上にもピコたんとクリたんの
仲良しこよしのカレンダーが飾ってあります。
せめてこの時までいてくれたらね。

dedeさん、悲しみをこらえてお知らせくださり、
本当にありがとうです。
ピコたん、上でみんなと遊んでね。

腹肉さん、最後まで一緒に居られて良かったですね。
だから安心して上にピコたん行けたのだと思います。

最後にご冥福を心よりお祈りいたします。

=^・^=
Posted by Cat at 2009年05月01日 08:37
たらーっ(汗) たらーっ(汗) たらーっ(汗)

ありがとう もうやだ〜(悲しい顔)
Posted by haha at 2009年05月01日 09:19
ピーコたん、天寿をまっとうされたんですね。
辛い状態は明らかだというのに、それを悟られないように元気ぶっていたんでしょうか。
いや、最期までハムらしく、走り続けたかったんでしょうね。

目は残念なことになってしまいましたが、おじいちゃんになってもあどけない子でしたよね。

ピーコたん、お疲れさまでした。

Posted by こは at 2009年05月01日 10:35
存在するの?
Posted by BlogPetのP-tan at 2009年05月01日 15:29
ピーコ、ついにはむすたーランドに行っちゃったのね。
お迎え当初に会ったよね。
あれから2年半か・・・。
dedeさんもいろいろなことがあって、それをずっと一緒に見てきたピーコ。
お疲れ様。
最後の腫瘍との闘いはすごいものだったね。
ほんと、がんばったよ。
ご冥福をお祈りいたします。
Posted by Sacchan at 2009年05月01日 20:51
■ごんさんへ
ありがとうございます。
本当に、あんな小さな体ですごい生命力です。
最後まで生きることを諦めなかったピコたろうが誇らしいです。。。

■太郎と花子のccさんへ
ありがとうございます。
最後の1週間は、見ているだけで涙が出てきそうになる位痛々しい姿になってしまってたけど、逆にそれまで以上に心は元気だったのだと思います。
・・・だめだぁ・・・。泣けてくる(>_<)

■Catさんへ
ありがとうです。
最後の日に、ご主人様の手の上にのっていたピコたろうは、心なしか少し安心している表情のように見えました。
いつでも、本当に別れは辛いですね。。。
みんなみんなお空にいっても、自分たちのことを覚えてくれているといいなぁ。。。

■hahaへ
ありがとうね。。。

■こはさんへ
ありがとうです。
最後は痛々しい姿になってしまったけど、本当に元気いっぱいでした。
本能で「もっと頑張らなければ」と力で出てくるのか、それとも私たちに「大丈夫だよ」と安心させてくれていたのか・・・。
とてもいじらしい姿でした。
本当に子供のようにあどけなくて、すごいじいちゃんでした。

■Sacchanへ
そうなの。。。
ついにハムスターランドに行っちゃったの。。。
何だかピコたろうは一緒にいる時間が一番長かった子だからなのか、本当にこれから先もずーっと一緒にしるような気がしてました。
まだ、お迎えした頃、みんなが遊びにきてくれたときにピコたろうと遊んでくれたよね。
あの時のことも忘れられないヒトコマです。
噛みハムだったピコたろうを、ごまりんが見事にベタなれハムに変身させてくれたし。。。
最後の日は、本当に凄い戦いの日だったのだと思います。
頑張りすぎるくらい頑張ったから、今からでも何かご褒美を沢山あげたい気持ちでいっぱいです。
というか・・・。
すごく久々に鬱の波ががやってきて、今涙が止まらない状態で、今にも鉢植えの中からピコたろうを出してあげたい衝動にかられていて必至にこらえています。
今、この瞬間、やっとピコたろうの死を実感してしまったのだと思います。。。
寂しくてしょうがないです。。。
Posted by dede@管理人 at 2009年05月01日 21:10
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1721812
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック